有機化学:講義資料

(注意)資料はpdfファイルです。自分のパソコンにダウンロードしてから、Adobe Readerなどで開いてください。(Internet Explorerなどのブラウザで開こうとすると、うまくいかない場合が多いようです。)

 ダウンロード方法リンクアドレスを右クリックして、表示されるメニューから「ファイルをダウンロードする」(環境によって表現は異なります)を選択してください。デスクトップ(または自分が指定しているディレクトリ)にファイルがダウンロードされます。

 ファイルのダウンロードもできない場合は放置せず、ただちに教員(F305室または042-691-9448またはitomasa@soka.ac.jp)またはTAに連絡してください。

まえがき

参考文献・参考資料

(基礎有機化学)基礎、構造・性質・反応

   (右端の○/○は使用開始予定日)。

 資料 命名法 (312 KB):随時使います。必ず毎回持参してください。

 資料 慣用名と略号がよく使われる置換基(84 KB)資料中で説明なしに用いられます。

 1.有機化学のはじめ(216 KB):5/13

 2.有機化合物を構成する原子と結合(376 KB):5/20

   資料 原子軌道(化学基礎論の復習)(172 KB)

 3.飽和炭化水素(292 KB):5/27

 4.炭素−炭素多重結合(424 KB):6/3

 5.官能基とその性質(464 KB):6/10

アミンの命名法への補足:命名法プリントの説明。

 6.立体化学 立体配座(268 KB)(1):6/17

 7.立体化学 立体配置と立体異性体(440 KB)(1):6/24

 10.有機化学反応の基礎(1)(436 KB):7/1

 環境と有機反応(64 KB)

(有機化学II)電子効果と性質、構造論、反応論、天然物
   (右端の○/○は使用開始予定日)。

 資料 命名法 :随時使います。必ず毎回持参してください。

 資料 有機化学反応の考え方(260 KB):演習問題を考える上で必携。10以降の演習では必ず手元に置いてください 

 6.立体化学 立体配座(2)(有機化学氓フ6.と同じ):5/13 

 7.立体化学 立体配置(2)(有機化学氓フ7.と同じ):5/13 

 8.置換基の電子効果(500 KB):共鳴と共鳴式・誘起効果と共鳴効果:5/20

 9.酸と塩基の強さ(247 KB):5/20 

 10.有機化学反応の基礎(2)(464 KB):6/3

 11.飽和炭素上の置換反応(2)(316 KB):SN1機構とSN2機構:6/3

 12.脱離反応(2)(232 KB):E1機構とE2機構:6/10

 13.付加反応(2)(152 KB):反応機構と立体化学、マルコフニコフ則:6/17

 14.芳香族環の置換反応(2)(520 KB):反応性と配向性に対する置換基効果:6/24

 15.カルボニル基への求核付加と置換(2)(416 KB):7/1

 16.カルボニル基のα位での置換反応(272 KB):7/1

 17.酸化還元反応 (148 KB):7/22

 18.生物の作る有機化合物:7/8, 15 独習

     その1(299 KB) その2(285 KB) 

 [付録1 天然物有機化学編]

 NP1.天然有機化合物の化学1(636 KB):脂肪族化合物(テルペノイド、ステロイド他)

 NP2.天然有機化合物の化学2(304 KB):芳香族化合物:フラボノイド他

 NP3.天然有機化合物の化学3(360 KB):複素環化合物、アルカロイド

 [付録2 実験編]

 有機化合物の分離と精製(188 KB)、同定と構造決定に向けて